外国人介護人材に熱い視線 日本語学校や福祉施設がセミナー

日本語学校、介護福祉士養成校、福祉施設が集まり、外国人介護人材の活用について情報を共有するセミナーが8月31日、都内で開かれた。介護現場の取り組みについて講演した竹田一雄・社会福祉法人若竹大寿会理事長(横浜市)は「日本人を採用できない施設が外国人なら採……




ABOUTこの記事をかいた人

福祉新聞

社会福祉界唯一の専門紙「福祉新聞」。本サイトでは高齢者に関する福祉分野の施策の動向、話題の福祉ニュース、職場環境改善のための機器活用や現場の声などをご紹介します。