介護職が感じる仕事としての介護と家族介護の違い

第一次産業が主だった昭和の時代に比べると、現在は「自宅と職場」が分けられ、家族と過ごす時間も減少傾向になってきています。同時に超高齢社会となり、家族の中に介護を必要とする人が発生する確率も高くなってきています。それは介護を職業とする人の家族も例外ではな……




ABOUTこの記事をかいた人

認知症ONLINE

認知症に関するニュースや最新予防改善法、介護のコツ、家族の心のケアの方法など、あらゆるニュースや役立つコラムが集まる認知症専門のWEBマガジン。様々な切り口で専門家が発信。