認知症の「要介護度」と 介護の「大変さ」 は全く比例しない件

介護を必要とする程度を「要介護度」という区分を使って、分類することは皆さんご存知かと思います。要支援1~2、要介護1~5、非該当まで含めると8区分になります。
亡くなった祖母は要介護3(認知症)でした。母は元々は要支援1でしたが、認知症と分かっ……




ABOUTこの記事をかいた人

認知症ONLINE

認知症に関するニュースや最新予防改善法、介護のコツ、家族の心のケアの方法など、あらゆるニュースや役立つコラムが集まる認知症専門のWEBマガジン。様々な切り口で専門家が発信。