施設一丸で口腔ケア 誤嚥性肺炎から利用者守る

大分県豊後高田市の特別養護老人ホーム「やすらぎの里」(千嶋敏夫施設長)は4月から、利用者を誤嚥性肺炎から守る取り組みを始めた。介護・看護職員だけでなく、作業療法士や給食職員などが一丸となった取り組みで利用者の口腔状態・嚥下機能は大きく向上。「誤嚥性肺炎は減……




ABOUTこの記事をかいた人

福祉新聞

社会福祉界唯一の専門紙「福祉新聞」。本サイトでは高齢者に関する福祉分野の施策の動向、話題の福祉ニュース、職場環境改善のための機器活用や現場の声などをご紹介します。