介護でありがちな場面から考える!入浴拒否への対応方法

0327_01

認知症専門ナースケアマネの市村幸美です。前回の記事では、認知症の方に起こりやすい入浴中の事故について取り上げました。今回は、介護現場でありがちな場…

		

知っておきたい接遇マナー「表情」

20170327 (1)

身だしなみと同様に、表情も第一印象の決め手となります。嫌な印象をはじめに与えてしまうと、その後の信頼関係にマイナスに影響してしまいます。明……

		

簡単準備でできる脳トレ  介護者の言葉を復唱する「耳をすませば」

20170324

最初はゆっくり、慣れてきたら早めに言葉を言って、復唱してもらいます。

		

知っておきたい接遇マナー「態度」

20170320_01

一般的に、人の話を聞くときはいすに浅く腰掛け、やや身を乗りだした姿勢でいると「受け入れられている」と感じてもらえます。一方、深く腰掛けてふ……

		

【事例】身の上話や悪口で築く信頼関係は浅くて脆(もろ)い

20170301

ホームヘルパーのCさんは、口数の少ないDさんへの話題提供に苦慮していました。しかし、自分の息子とDさんの孫が同い年であるとわかってからは、親戚の話…

		

「信頼」と「プライバシー」の距離感

20170315 (1)

訪問介護の仕事は、利用者の「私的な領域」=「プライバシー」に立ち入らない限り、実践できません。本来であれば、誰しも見ず知らずの他人に、自分の生活ス…

		

知っておきたい接遇マナー「挨拶」

20170313_01

挨拶は、人と接するときの基本のマナーです。ただ、最初からかしこまって、ひじを曲げて手を前で組んだ挨拶は、利用者に「よそよそしい感じ」を与えてしまう…

		

認知症ケア、うまくいかないのはなぜ?【2】

20170222 (2)

しっかり観察してサインをケアに結びつける 認知症の人が発するサインは、イライラやソワソワなど「落ち着きのなさ」として現れることが多くなります。これ…

		

訪問介護だからこそのプライバシーの保護とは

20170222 (1)

プライバシーって何でしょう? 普段、何気なく使っている「プライバシー」という言葉。みなさんはきちんと理解していますか? 「プライバシー」とは、「他…

		

介護職は一方的な感情労働ではない!認知症高齢者の声に救われる日々

0221_03

感情労働とは アメリカの社会学者A.R.ホックシールドが提唱した働き方の概念で、感情の抑制や鈍麻(どんま)、緊張、忍耐などを不可欠の職務要素とする…

公式パートナー

ページトップへ戻る